東京の観光タクシー・バスの予約・求人なら

バリアフリー

民間救急車

民間救急車は、福祉タクシーから観光バス、台東区循環バス「めぐりん」などを運行する
日立自動車交通グループの福祉介護事業部門が担当しています。どうぞ安心してご相談ください。

国土交通省関東運輸局許可・東京消防庁認定16号 日立自動車交通株式会社

こんな時に「民間救急車」がお役に立ちます

  • 入院、退院、通院、転院、一時帰宅される時など。
  • リハビリ、温泉治療などに出かけられる時など。
  • 空港や駅から自宅などへ、寝たまま移動が必要な時。
  • 足が不自由な方が車椅子で冠婚葬祭に参列される際。
  • 引越しの際、寝たきり、車椅子の方の移動など。
  • こんな時に「民間救急車」がお役に立ちます

    リフト付車両なので乗下車も楽に行えます。

  • こんな時に「民間救急車」がお役に立ちます

    乗務員が親切、丁寧にサポートいたします。

  • こんな時に「民間救急車」がお役に立ちます

    車内の様子です。

民間救急車が誕生した理由

どうして民間救急車が誕生したのでしょう?
消防庁救急救助課によると、2003年の年間の「救急車」の出動回数は483万件と過去最高。 「いざという時には、救急車!」は当然なのですが、 救急隊員の皆さんが実際に現場に到着すると、 緊急性があるものは全体の48.6%、それ以外の軽症傷病者などが51.4%を占めていたというお話もあります。 特に東京都においては、毎年3万件のペースで出動回数がふえており、「将来、緊急を要する場合でも救急車を利用できなくなる恐れ」があり、危機感をつのらせた東京消防庁は、全国に先駆け「民間救急コールセンター」開設の運びとなりました。
東京消防庁では、「救急車を呼ぶほどではないケガや急病などで、自分で通院できる場合は、救急医療機関に自分で行くか、民間救急車を利用していただきたい」 と呼びかけています。

民間救急車には認可が必要です

民間救急車は、一般乗用旅客自動車運送事業(患者等搬送限定)と称され、国土交通省の許可と東京消防庁の認定が必要です。 万が一の場合には、消防庁と連携し、緊急対応を図ります。

民間救急車には認可が必要です

このマークが目印です

ご利用方法と料金について

民間救急車のご利用方法、料金について詳しい説明をご希望の場合はお問合せくださいませ。

ご利用料金の基本
【民間救急車】のご利用料金は、国土交通省の認可料金となります。料金は、民間救急車が皆様からのご要望を受け、車庫を出発しご利用車の移送を完了し、再度弊社の車庫に戻るまでの距離、または時間、どちらか多いほうの料金が適用されます。
ご利用者の状態に応じてご対応いたします
一般車両と違い、ご利用者のお体の状態、目的地までのケアの必要性など、ご利用に際しては、多様なケースがございます。 あらかじめ、お電話またはメールフォームでご利用者に際しての詳細をご相談いただければ、料金の概算についてお話させていただきます。お気軽にご相談ください。
必ず認可を受けた業者をお選びください
ご利用の際の状況によっては、国民健康保険をはじめ、ご加入になっている健康保険者にご相談ください。 認定事業者については「東京消防庁のホームページ」をご覧ください。ご利用の際は、必ず「認可を受けた民間救急車」であるかどうかご確認ください。
ご利用料金の目安
料金等につきましては、お気軽にお問合せください。
  • 0356821122
  • メールでのご予約/お問合せ

PAGE TOP